HOME セキュリティ監視サービス 分散オフィスのネットワーク構築 セキュリティ監視サービス

■分散オフィスのネットワーク構築で、災害のリスクを軽減する


災害や盗難によって、会社の重要データを失うことは、会社の存亡にかかわります。


こんな状況ではありませんか?


■定期的もしくは毎日、CD-Rや外付けのハードディスク、他のパソコンにバックアップデータを取るが、保管場所は同じオフィス内である。

インターネット回線を利用して、オフィス間にネットワークを構築
(インターネットVPN-レイヤ2VPN-)

  • 他拠点にバックアップデータを保管できます。

    同じオフィス内にバックアップデータを保管しているだけでは、火災や地震・盗難によるデータ損失のリスクは回避できません。離れたオフィスとの間に、安全なネットワークを構築していれば、バックアップデータを同じオフィス内に保管することなく、他の拠点に保管しておくことが可能です。

  • 安全なネットワークが構築されます。

    インターネット回線を利用し暗号化されたネットワーク(下図ブルーのネットワーク)が構築できます。外部からは作られているトンネルの存在すら分かりません。離れたオフィスなのに、あたかも同じオフィス内にパソコンがあるようになります。

  • インターネット回線を利用するので安価です。

日本は、地震・水害などの自然災害も非常に多い国です。ここ数年でも、神戸・福岡・新潟で大きな震災が起こっています。万が一、災害や盗難にあったとしても現状復旧まで短時間かつ低コストでできるよう、重要なデータのバックアップを他の拠点に定期的に保管しておくことがこれからの危機管理には必要です。


※オフィスが1つなら、社長や取締役の自宅に設定しバックアップデータを保管することも可能です。


SOHO・中小企業のためのネットワーク(インターネットVPN -レイヤ2VPN- )

>分散オフィスのネットワーク構築TOP >VPN・インターネットVPNとは
>2つ以上のオフィスがあるなら >海外に拠点のあるオフィスなら >ワンフロアのオフィスなら >プロジェクトのためのオフィスなら
>インターネット接続による情報漏洩を防ぐ >添付メールによる情報漏洩を防ぐ >個人情報を安全に利用する
>災害リスクを軽減する >VPNで労働体系が変わる