HOME セキュリティ監視サービス 分散オフィスのネットワーク構築 セキュリティ監視サービス

■■分散オフィスのネットワーク構築は、短期的にオフィスを設置する場合にも有効です


2〜3年かかるプロジェクトのために、本社と出先事務所や、業務提携先と頻繁にやりとりをするとき、低価格で設定に制約の少ない「分散オフィスのネットワーク構築」は有効です。


こんな状況ではありませんか?


■ファイルサイズの大きい機密データはメールでは送ることができないので、宅配便やバイク便で郵送しているが、時間のロスを何とかしたい。

■機密データをメールに添付したり、WEBを見ているパソコンで重要データを扱っている。

■広域イーサネットやIP-VPN、IPsec-VPNやSSL-VPNの構築では、コストもかかり非常に制約も多いのであきらめた。


インターネット回線を利用して、オフィス間にネットワークを構築
(インターネットVPN-レイヤ2VPN-)

  • 時間のロスを解消できます。

    離れたオフィスなのに、あたかも同じオフィス内にパソコンがあるようになります。

    オフィス内のLANと同じ感覚なので、リアルタイムでの情報の共有化が可能です。メールにデータを添付する必要もバイク便を使う必要もありません。

  • 情報漏洩を防ぎます。

    VB(Virtual Bridge)以下のネットワークは外部から見えず、かつパソコンは外部に接続されていないので、データ漏洩は完全に防御されます。他拠点へのネットワークは、インターネット回線を利用しますが、データを暗号化した上で外部から見ることのできないトンネルを通じて行われます。

  • 既存のインターネット回線を利用するので安価です。しかもどんなプロバイダ(ISP)でも可能です。

    今、常時接続しているネットワーク環境で利用可能です。特定のプロバイダ(ISP)に変更する必要もなく、 拠点ごとに異なるプロバイダ(ISP)でもVPNの構築が可能なので、エリア外などの制限もなく、業務提携先とも利用が可能となります。プロバイダ(ISP)を変更する必要がないので、IPアドレス・メールアドレスの変更もありません。

建築現場の事務所やイベント会場のオフィスなど、一定の期間だけオフィスを設置する会社に最適なネットワークです。


SOHO・中小企業のためのネットワーク(インターネットVPN -レイヤ2VPN- )

>分散オフィスのネットワーク構築TOP >VPN・インターネットVPNとは
>2つ以上のオフィスがあるなら >海外に拠点のあるオフィスなら >ワンフロアのオフィスなら >プロジェクトのためのオフィスなら
>インターネット接続による情報漏洩を防ぐ >添付メールによる情報漏洩を防ぐ >個人情報を安全に利用する
>災害リスクを軽減する >VPNで労働体系が変わる