HOME セキュリティ監視サービス 分散オフィスのネットワーク構築 セキュリティ監視サービス

現在のインターネット普及率は、300人以上の企業では98%、SOHOや中小企業の事業所でも82%を超え、ここ5年間で急速に普及しました。それに付随するかのようにインターネット犯罪件数も急速に増加しています。 そのため、「インターネットに接続されているネットワーク」と「重要データを扱うネットワーク」を分離していない企業は、データ流出などにより大きな損失を受ける危険性と隣り合わせの状況です。
しかし、その一方でインターネット環境の発展により、SOHOや中小企業にも利用できるほど低価格でオフィス間のネットワーク構築ができる時代になってきています。



分散オフィスのネットワーク構築

仮想分散オフィス(SMC Virtual Office)とは

同じフロアのネットワークが相互接続されているのと同様に、オフィスがいくつもの場所に分かれていても、あたかもそれらが同じ フロアにあるようにイーサネットで相互接続する。そのようなネットワーク形態を仮想分散オフィスと呼んでいます。
このような仮想分散オフィスはこれまで非常に高価な専用回線と専用機器が必要とされていました。しかし、近年、ブロードバンド・ネットワー クが発展したため、安価なインターネットが利用可能になったことにより、仮想分散オフィスの利用が身近なものになりつつありま す。

ソフトダウンロード


■安全な仮想分散オフィスの必要性

しかしながらインターネットでの通信は安全ではありません。データが転送される最中にどこかで情報が漏れる、もしくは改変され るなどの危険を無くすために、仮想分散オフィスでは安全(セキュア)な通信でデータをやり取りする必要があります。SMCは独自の サービス・アーキテクチャにより、安価なインターネット上に構築されるセキュアな仮想分散オフィスを提供します。


■SMCの提供するサービス

仮想分散オフィスを実現するためにはいくつかのサービス形態があります。これらは大きく分けると

1.通信事業者の提供するサービス
2.アプリケーションサービスプロバイダ(ASP)の提供するサービス
3.ユーザー自身による自営網構築

になります。しかし、これらの方法はそれぞれ一長一短です。例えば通信事業者が提供するサービスでは回線などの選択の自由度は少なく、必要な経費も一般に高額です。反対に安価な既存ISPサービスでは端末でのソフトウェアのインストールやIPアドレスの変更の管理などのコストがかかります。自社管理(自営網)では構築に専門的な知識を必要とし、さらに日々の運用コストは無視できないものです。
SMCの提供するサービスはこれらの既存サービスの問題点をなくし、簡易かつ低コストにて実現することができます。


  通信事業者 ASPサービス 自営 SMC
契約単位 1回線(支店)ごと 端末ごと なし 1回線(支店)ごと
提供エリア
一部の場所のみ限定 全国 全国 全国
提供料金(月料金) 高価 比較的安価 比較的安価 安価
プロバイダ 通信事業者指定 自由 自由 自由
機材設置 通信事業者 ユーザーが各自設置 ユーザー
機器費用
SMCが提供
アップグレード 機材のバージョンアップ、新機能追加は困難 ユーザーによるソフトウェアのアップデートが必要 不可能 SMCが提供
最新のソフトと最新のハードが利用可能
サイト数 サイト数が増加してもコスト増大しない 端末数が増加すると急激にコスト増大 サイト数が増加すると急激にコスト増大 サイト数が増加しても急激にコスト増大しない
ソフトウェア 不要
(相性問題なし)
専用ソフトインストール
(既存アプリケーションとの相性問題で不安定になる可能性あり)
不要
(相性問題なし)
不要
(相性問題なし)
対応OS すべての端末OS
(Windows, Unix, MAC…)
Windowsのみ すべての端末OS
(Windows, Unix, MAC…)
すべての端末OS
(Windows, Unix, MAC…)
その他   複数契約端末同士の相互接続管理(IPアドレス空間をまたがるルーティング管理)が必要
接続アドレス管理が必要
端末の管理はユーザー責任
接続アドレス管理が必要
実効速度はBOXに依存
各サイト間の接続が可能(端末数無関係)
接続アドレス管理が容易(ユーザーの自由なアドレス)
モバイルユーザーにはVPNクライアント設定サービスを提供
企業の仮想プライベートネットワーク構築の支援と運用
全てのタイプのVPN構築


■SOHO・中小企業のためのネットワーク(インターネットVPN -レイヤ2VPN- )

こんなことしていませんか?


オフィスの特徴に合った、安価で安全なネットワーク構築


SOHO・中小企業のためのネットワーク(インターネットVPN -レイヤ2VPN- )

分散オフィスのネットワーク構築TOP VPN・インターネットVPNとは        
2つ以上のオフィスがあるなら 海外に拠点のあるオフィスなら ワンフロアのオフィスなら プロジェクトのためのオフィスなら
インターネット接続による情報漏洩を防ぐ 添付メールによる情報漏洩を防ぐ 個人情報を安全に利用する    
災害リスクを軽減する VPNで労働体系が変わる